2010年04月20日

消えたはずのライター…思わぬ着火で事故多発(産経新聞)

 ライターを消したと思ったのに、完全に消火できておらず、引き出しの開閉時に着火したり、衣服に燃え移るなどする事故が相次いでいることが13日、独立行政法人「製品評価技術基盤機構」(NITE)の発表で分かった。平成16〜20年度にこうしたライターの事故は132件発生しており、死亡事故も1件、重軽傷事故は57件起きていた。同センターでは13日、事故事例を公表し、注意を呼びかけた。

 事故原因の内訳は、使用者の不注意が中心の「製品に起因しないもの」が36件と3割近くに上ったが、「製品に起因するもの」も26件あった。ほかには「原因不明」が57件、「調査中」が13件となっている。

 事故現象別では、火を付けた後、完全に消火できていない状態に気づかず、衣服などに燃え移るケースが38件と最も多く、引き出しの開閉時などに意図せずに着火するケースも16件あった。ほかに着火時に予想外の大きな炎が出るケースが15件あった。

 福島県で走行中の乗用車が全焼したケースでは、電動シートの位置を移動させた際、シートレール上に落ちていた電子式ガスライターの着火レバーが押されたことが原因とみられるという。兵庫県の男性はガス調整が不具合なライターを点火したところ、大きな炎が出て額に軽傷を負った。

 同センターは「ライターのメカニズムを十分理解して、取り扱いに注意してほしい」としている。

【関連記事】
日本医師会宛の鉢植え発火 職員のライターからフィルム引火か
ワゴン車炎上 子供だけ…相次ぐ悲劇 専門家「常に危機感持って」
火遊びで引火? 長女が以前ライター使い注意 車炎上、子供4人死亡
5歳男児虐待で義父逮捕 投げ飛ばし、ライターの火押し付け
幼児のライター遊び原因か 東京・練馬の幼児2人死亡火災

米大使、実務者協議に難色=開始のめど立たず−普天間(時事通信)
伊賀市 20人の“忍者”参上 ロケ地誘致目指し(毎日新聞)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)
25日に拉致救出集会 拉致議連が確認(産経新聞)
<野菜高騰>スーパーは出血覚悟の「大放出セール」(毎日新聞)
posted by オダ ヨシコ at 01:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。